恋愛・結婚・人間模様を占う タロット占い師 檀(だん)

占いってこわくない?

 

占いをやっていると「占われるのが怖いんです」という声をよくいただきます。

そこでここでは占いについて私の個人的な見解をお伝えしたいと思います。

結論から言うと、「占いはこわくないよ~」ということなんですが(笑)

主にタロット中心にお話しします。

 

占いが一番強く教えてくれるのは現在の自分

お客様から聞く占いを受けない理由の第一位は

「もし悪いことを言われたら真に受けそうで怖いから」

なんです。

この先悪いことが起こると言われて真に受けてしまうと、気持ちが落ち込んでしまう。
だから聞きたくない。そうおっしゃる方がとても多いんです。

確かに未来を悪い方に決めつけられたら誰でも落ち込みますよね。
でも、占いをするとき本来、未来を言い当てることが一番大事ではないんです。

占いで大切なのは、

「今の自分がどこに立っていて、どのような状態になっているのか」

を知ることなんです。

例えば、考えてみてください。
今自分で見えている世界は、自分しか評価できませんよね?

実際は自分で思っているより現実は悪い状況で、これから悪くなっていくのに、
自分自身は「調子よく何事もなく過ごしている」と思ってしまっているとします。

その状況でこれから物事が悪くなっていくと、慌てますし、気分も落ちて行ってしまい対処にとてもパワーがいります。
その前に単純にショックもかなり大きい。

人生山あり谷あり。なかなか正しく認識することができないものです。
でも、自分自身を自分で常に正しく評価できる人ってほとんどいませんよね?

そんな時占いは、今の自分の認識が、真実と正しくリンクしているのかを確かめるためにとても有効なツールなんです。

現状が悪く、これから悪くなっていく時、今の現状を正しく認識しなおすことができたら
それに対して予想をして、対策をして、回避する。
回避することが難しい場合、それをできるだけ最小限に抑える方法がわかるんです。

逆にせっかく現状が良くて上り調子なのに、自分自身は調子が悪く、物事は上手くいかないと感じていたらどうでしょう?
もったいなくないですか?
自分が認識して受け入れるだけで、物事はどんどんうまくいく時だってあるのです。

人生の先行きが不安な時に、どの道に進めばいいか、このまま進んでも大丈夫か、やめた方がいいか。
仮に指針になるものがあるとすれば、とりあえず信じて動けるようになりませんか?

そんな時に占いは自分を見直して、新たな道を指し示すツールでもあるんです。

良くも悪くも今現在の自分の状況や環境、立っている位置が分かれば、そこから行く先はプラスにしか進まないんです。
そのために占いを使うことはとても有効なんです。

 

占いは未来の自分への傾向と対策を見つけるもの

タロットで重要なのは、現在の自分がどうなっているかということ。
過去があって、現在があって、はじめて未来が見えてきます。

タロットの指し示す未来は、過去と現在を線で結んだときにその延長上にある
「このままいくとそうなる傾向の強い未来」なのです。

皆さんご自身の未来が気になると思いますが、タロットは決して確定された未来を言い当てるものではありません。
未来が決まっているのは気持ちのいいものではないと思いませんか?

未来は自分の手で必ず変えていけるものなのです。
なので、タロットをしてもらう上で一番大切なことは、そうなる傾向の強い未来を知った上で
「今の自分をこれからどうしていけばよいか」なのです。

未来の傾向が望む形でないのなら、これから道をどう変えていけばよいか。
未来の傾向が望む良い形なのなら、それをいかに早くつかんで長続きさせるか。

そういうことが分かるのが、占いをするメリットです。

 

それでも占いを信じられない人は、それでいいんです

「それでも占いは信じない!」
そうおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

それはそれで全然良いのです。
本来自分の未来は自分自身で切り開くもの。
「人生は誰かに決められるものではない」と、私もそう思います。

もし占いをうけるのであれば、そんな意見もあるんだな~と参考にしてみませんか?

人ひとりが考えて予想できることには限界があります。
人ひとりで作れる頭の引き出しの数には限界があります。

だからこそ、人は人と関わって教えてもらって生きていますよね。

占いはそんなあなたの可能性のアンテナの幅を広げてくれるいいツールです。

自分では予想できなかったこと、自分では考慮に入れられなかった可能性。
そういったことを占いは教えてくれます。

もしかすると、占いが外れることもあるでしょう。
でも、占いで言われたことをご自身の考えの中に組み込むことで、さらに予想の幅を、アンテナの数を増やすことができるのです。

占いは必ず、あなたのことを100%思って善意でお応えいたします。
可能性の幅が広がりアンテナの数が増えれば、自分の予想外のことが起こりにくく、
これから進む先でたとえどんなことが起こっても、冷静に対処できるだけの力を得ることができます。

占いはそのための参考程度で構いません。

ご自身だけの考えでは行き詰まってしまったときには、気軽に聞いてみるのもよいと思います。
結論は決まってるけど、自分の予想の幅以外のことが起こる可能性がないか、そんな確かめに使ってもいいんです。

いわば、占いは自分のことをよく知ってくれている友人からのアドバイスのようなものなのです。

占いの結果を信じなくても占ったことで、さらに慎重にスムーズに物事を進めていくことができると思います。
それだけでも価値のあることだと思いませんか?

 

まとめ

これまでお話ししてきたことは要するに、

「占いは決して自分自身にマイナスになることがないもの」
「これからの先に見通しと予想を、より正確に、よりたくさんするためのツール」

ということです。

現状が悪いかもしれないことを、知るのが怖いという方もいらっしゃいますが、
未来を変えていけるのは誰でもなく自分自身だけなんです。

だからこそ、ちょっぴり勇気をもって今の自分を知ってみませんか?
そうすれば、今よりもっと明るい未来が待っていると思います。

ぜひお気軽に占いを楽しんでみてください☆

 

長文読んでくださりありがとうございました☆